So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

巨人吉川光に珍指令「まずは巨人軍憲章を覚えろ!」 [読売ジャイアンツ]

2016年11月10日 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736309.html
 日本ハムからトレードで加入した巨人吉川光夫投手(28)が、珍指令を受けた。

 10日に、宮崎秋季キャンプで初練習を行った。12年にMVPを獲得した高い実績のある実力者として、調整ペースは任されている中、尾花高夫投手コーチ(59)から「まずは巨人軍憲章を覚えること」と、巨人軍ならではの? 課題を与えられた。ブルペン投球の際にも直接言われたようで、吉川は「さっき言われました。頑張って覚えます」と笑顔。巨人軍の精神を、体に染み込ませながら一員となっていくつもりだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

U19横浜遠藤に契約交渉で珍指令!笑っていいとも [サッカー]

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1735445.html
2016年11月8日 日刊スポーツ

 横浜の来季の契約交渉が8日、横浜市内で行われ、U-19日本代表として5大会ぶりのU-20W杯出場に貢献したMF遠藤渓太(18)ら4選手が臨んだ。

 遠藤は横浜ユースから昇格し、ルーキーながらリーグで23試合に出場。初体験の契約交渉で、強化担当から「試合で疲れている時に、笑顔が足りない。笑った方がいい。エンジョイ、エンジョイ、リピート」と言われたという。

 遠藤は「笑っていいのかな…と思って…」と苦笑し「来季は疲れた時間帯も笑顔でいられれば」と話した。10月のU-19アジア選手権では、決勝のサウジアラビア戦のPK戦で3人目のキッカーを務め成功させた。来年5月のU-20W杯へ向け「メンバーに選ばれることが大事。そのためには、マリノスで試合に出ること。まだゴール、アシストをしていないので、点を取って、いい流れで臨みたい」と飛躍を誓った。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大先輩から虎ドラ7長坂に珍指令「矢野2世になるな」 [阪神タイガース]

2016年10月25日 スポーツニッポン
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/10/25/kiji/K20161025013599090.html

 阪神からドラフト7位指名を受けた東北福祉大の長坂拳弥捕手(22)は24日、同大の先輩でもある矢野燿大作戦兼バッテリーコーチ(47)から「矢野2世になるな」と珍指令を受けた。この日、宮城仙台市内の野球部寮で、佐野仙好統括スカウトらから指名あいさつを受け、理想の捕手像に大先輩を挙げたが、いきなり「読み」が外れる!?結果となった。

 いきなり「プロの洗礼」を浴びた。20日のドラフト会議から4日。指名あいさつも終わり、長坂にも実感が沸いてきていた。理想の捕手像を問われると、迷わず、大きな声で、東北福祉大の大先輩でもある矢野作戦兼バッテリーコーチの名前を口にした。

 「矢野さんです! 投手から信頼を得て、好かれて、首脳陣からも信頼を得られるような捕手になりたいです!」

 阪神の正捕手として2003、05年と2度のリーグ優勝に貢献。豊富な経験と知識を、現在は指導者として若虎に伝えている。まさに憧れの存在と言っていい。回答自体は満点だったはずなのだが…。甲子園での秋季練習を終えた矢野コーチの考えは、真逆だった。

 「(矢野2世を目指すと聞かされ)2世になる必要はないよ。自分の色を出せばいい。(長坂)1世でいい」

 憧れるのはいいが、人と同じことをしようとしては、プロの世界で勝ち抜くことはできない―。そんなメッセージが込められているかのような言葉。「守りが特徴と聞いているけど、見てみないと分からない。後輩やけど、えこひいきすることはない。良いものを見せてくれたら使うし」と斬り捨てた。良ければ使うしダメなら使わない。当然の話だが、プロの厳しさを熟知する直属の先輩として、勝負の世界がどういうものなのかを、たたき込む構えだ。

 もちろん、長坂も覚悟はできている。7位指名だが「(プロに)入ったら、7位だろうが何だろうが関係ない」と言い切った。同大野球部出身の捕手は矢野コーチを筆頭に広島・石原ら計6人がプロ入りしている。プロ入りを見据えて進学した長坂も「試合に負けたりすると、厳しく(指導)された。そういう中で、皆さん、鍛えられていたのだなと思います」と、同大の良さを振り返る。

 大先輩らと同じ道を歩んできた自信を礎に、下克上は望むところだ。幸いと言っていいのかは分からないが、阪神には現状、正捕手が不在で、それぞれが決め手を欠く。金言を胸に「長坂1世」として勝負する。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ハリル監督GK合宿で珍指令「叫んで相手をビビらせろ!」 [サッカー]

2016年10月20日 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20161020-OHT1T50047.html
 日本代表候補による初のGK合宿が19日、大阪府内で3日間の練習を終了。ハリルホジッチ監督は「本当に大きな成功に終わったのではないか」と満足そうに振り返った。

 この日はサイドからのクロスボールへの対応や、足でのビルドアップの練習を実施。クロスをキャッチする際には「叫んで相手をビビらせろ! 黙っていては相手はビビらないぞ!」と声を張り上げた。合宿初日には「現代のGKは190センチ以上ないと、いいGKとは言えない」と、日本人GKにとって解決困難な問題点を挙げていたが、今回は「大声を出す」という、あまりにも基本的な指令を出した

 18日夜のミーティングでは筋力トレーニングの方法を指導。スクワットなら体重の2倍と目標値も挙げるなど、筋力アップと同時に体を大きくすることで、日本人GKに不足している“威圧感”を補う狙いも示した。18日の練習で負った左足首捻挫のため、この日は見学となった初招集のシュミットは「日々の練習で相手がいなくても、でっかい声を出す習慣をつけていかないと」と指揮官が求めるGK像をイメージした。(金川 誉)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

金本監督、高山に“シュンとするな”来季4番あるぞ [阪神タイガース]

2016年10月12日 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/baseball/news/1723324.html
 シュン厳禁! 阪神金本知憲監督(48)が11日、高山俊外野手(23)に“エラーしてもシュンとするな”指令を出した。甲子園での秋季練習で、来季のノルマとして主軸での20本塁打、80打点、打率3割を課した。実現条件は肉体強化とメンタル強化。1年目の今季は試合でのミスが尾を引いて打撃にも影響したと指摘。弱さを克服すれば、来季は4番もあるぞと期待を込めた。

 フリー打撃の鋭い打球が、バックスクリーンに2球連続で突き刺さった。この秋も力強さを増す高山を頼もしげに見つめ、金本監督が来季ノルマを明かした。

 金本監督 中軸を打ってほしいね。甲子園は広いから左打者は(浜風で)難しいけど、20本は打って欲しいし、打率は3割、打点も80ぐらいは挙げて欲しい。

 求める数字は今季の8本塁打、65打点、打率2割7分5厘からの大幅アップ。新人王確実の黄金ルーキーに、主軸の期待を込めた。実現のためには今オフ「スイングする力をつける」ことは必須条件。加えてもう1つ、珍指令を出した。

 金本監督 今年はミスした時の成績が悪かったから。シュンとして。平田チーフがよく言ってた。「俊(しゅん)、シュンとするな!」って。周りは笑ってなかったけど(笑い)。

 名前の「俊」にひっかけて叱咤(しった)する平田コーチ語録を引き合いに、メンタルの弱さを指摘した。敗因となる外野での後逸など6失策したが、その6試合は23打数4安打で打率1割7分4厘。失敗のダメージが影響して打撃でも挽回できず、チームも1勝5敗と黒星を重ねた。監督はそこを改善しないと、レギュラーとして成績は残せないと力を込めた。

 金本監督 チームに、投手に申し訳ない気持ちは誰もが持ってる。でも落ち込んでも取り返せない。エラーした時ほど打って欲しい。エラーしたらやたら打つとかメンタル的に強くね。

 シュンとするのではなくシャンとして結果を出せ。悔いる暇があればバットで返せ。体と一緒にハートもずぶとく強化すれば、来季は4番もあると期待した。

 金本監督 俺も4番を打ったけど、プロに入った時は1軍で出れるとも思われてなかった。左で足は速かったから、せいぜい1、2番のレベル。でも体を作って4番を打つようになった。だから高山も今は1番、3番とか言ってるけど分からんよ。スイングを工夫して、ぼこぼこホームランを打てるようになったらね。

 天高く、高山肥ゆる秋の甲子園。夢の4番誕生へ、もう平田コーチの餌食にはならない。【松井清員】

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「ハンバーグ」「大きな小動物」? 『聲の形』監督の珍指令に声優困惑 [芸能界]

2016年9月18日 シネマカフェ
http://www.cinemacafe.net/article/2016/09/18/43541.html

アニメーション映画『聲の形』が9月17日(土)に公開を迎え、声優を務めた入野自由、早見沙織、松岡茉優、金子有希、石川由依、潘めぐみ、豊永利行、山田尚子監督が揃って上映前の舞台挨拶に登壇した。

「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位、第19回手塚治虫文化賞新生賞に輝いた人気漫画をアニメ「けいおん!」『たまこラブストーリー』の山田監督が映画化。周囲の誰とも交わることなく生きる高校生の将也は、かつて小学生の頃、心無い行為で傷つけてしまった聴覚障害を持つ硝子に再び会いに行くが…。

イジメや障害といったセンセーショナルな内容を含む本作だが、入野さんは将也を演じるにあたり「監督から『核として描きたいのは人のつながり。繋がりたいけど繋がれない、伝えたいけど伝えられない、ディスコミュニケーションを描きたい』と言われ、迷ったときは『つながりたい』という思いを持って演じようと臨みました」と明かす。例えとして監督からは「大きな小動物が怯えている感じ」というヒントを与えられたそうで、それを入野さんなりに解釈して演じたという。この挨拶中にも、監督から「でかいハムスター!」という解説(?)が聞こえてきたが、入野さんは「それ、もうハムスターじゃないじゃん!」と苦笑交じりにツッコミを入れ、会場は笑いに包まれた。

ちなみに、小学生時代の将也を演じた松岡さんにも「ハンバーグって感じの女の子」とうさらに謎の指令があったという。松岡さんは、実際、監督からアフレコブースで「ハンバーグ」と叫ぶように指示されたそうで「延々とブースでやっていました(笑)」と明かす。松岡さんは、並み居るプロの声優の中に自分が加わっていることに恐縮しきり。山田監督があるドラマで松岡さんの演技を見て「ぜひ!」と熱烈なオファーをしたと聞いても不安そう…。そんな松岡さんの不安を和らげるべく、入野さんは「最初は苦戦されていたようですが『伝えたい!』という思いがすごく強くて、それはこの作品が描いていることそのもの」と語り、早見さんは、小学生時代の将也と硝子のある激しいシーンに言及。「噛み合ってない2人のものすごいハーモニーが生まれた!」と称賛した。

山田監督はaikoが歌う主題歌の力についても触れ、昨日、初めて主題歌が生で観客の前で披露されたライブに行き、aikoさんと直接話をしたと明かし「aikoさんは原作が大好きで、(話をしながら)思いがあふれていました!」と熱く語っていた。

『聲の形』は公開中。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

桂ざこば、りょうばにお盆らしい“珍指令” [芸能界]

2016年8月15日 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1695383.html
 上方落語のベテラン、桂ざこば(68)が15日、大阪市内で、兄弟子の故桂枝雀さんの長男で、今年1月に高座デビューをした桂りょうば(44)に対し、すでに亡くなった枝雀さんの名を出して「兄ちゃん(枝雀さん)に教えてもろたらええねん」と、盆らしい“珍指令”を出した。

 ざこばはこの日、大阪・サンケイホールブリーゼで、毎夏恒例の米朝一門会に出演し、2回公演の合間に、自身の「桂ざこば独演会」(9月18日、同所)取材会を開いた。

 りょうばが、9月の桂ざこば独演会で前座を務め「つる」を演じることから、昨夏から自らのもとに弟子で入っているりょうばに言及。「兄ちゃんも、ちょっと教えたったらええねん。僕なんか、ちゃーちゃん(師匠の故桂米朝さん)とか、枝雀兄ちゃんに教えてもろてるで」と語った。

 お盆とはいえ、怪談ではない。あくまで「夢」の話。ざこばによると「僕が悩んでたら、夢に出てきて教えてくれる」そうで、父とも慕った米朝さんは「ついこないだも会うた」らしい。ただし「内容? 覚えてへんわ…。忘れた!」と笑わせた。

 りょうばは東京でのバンド活動を経て、アマチュア落語家として活動。昨夏にざこばに師事した。

 今年1月7日、動楽亭で初高座に上がり、米朝一門恒例の「東の旅 発端」を演じた。体全体を使ったダイナミックな動き、豊かな表情、扇子を持つ指の角度が、父の枝雀さんにそっくりで、ざこばも「DNAはすごい」と驚いていた。ただし、最近では「ちっちゃい。兄ちゃんとは違うんやから、いっぺん、兄ちゃんのこと、忘れたらええ」と感じているという。

 その流れから亡くなった枝雀さんに「教えてもらえ」となったわけだ。そのりょうばには、一門の大きな会で高座に上がることから「変革」を期待。「大きなホールで(高座に)上がったら、なんか変わるかもしれへんな」と話した。

 また、自身は独演会で「へっつい幽霊」「強情」「遊山船」の3席を予定。いずれも米朝さんの持ちネタではない作品で「長いことやってへんのを選んだら、こうなった」と説明した。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

手倉森日本48年ぶりメダルへ「寝るな」など三禁令 [サッカー]

2016年7月22日 日刊スポーツ
 手倉森ジャパンに三禁令のお触れが回った!? リオデジャネイロ五輪に出場する男子サッカー日本代表が21日、羽田空港から出発した。手倉森誠監督(48)は日本を飛び立つ直前、選手たちに「寝るな」「イライラするな」「ブランド品持っていくな」の3つの禁止令を出した。すべては心身ともに充実させるため。48年ぶりのメダルを目指し、チームは22日からブラジル・アラカジュで直前合宿に入る。

 ロジカルで、ユーモラスなお達しが、手倉森監督から伝えられた。出発直前「眠いです」が第一声の指揮官は、前夜は眠らずに羽田空港に到着。少し目を赤くしながら言った。

 手倉森監督 まずは(ブラジルとの)時差。飛行機に乗ったらすぐに寝られるように、今朝まで起きていた。(コンディショニングコーチの)早川さんの指示のもと「寝るな」と選手に言った手前、自分もやってみました。選手も何人か起きていたようだ。

 時差12時間と真逆の生活に慣れるため、まずは不眠状態で航空機に乗り込んだ。直前キャンプ地のアラカジュまでは移動だけで24時間以上の長旅。そして18人の選手によるメダルをかけた戦いが始まる。同監督がチーム力を高める上で、重要視するのがチーム内のムード。そのためにマイナス要素は一掃する。

 手倉森監督 身内の間でストレスをかけ合わないことが、1つのルールになっている。それは「イライラしないこと」。ネガティブなことは一切言い合わない。やらないといけないこと、とらないといけない行動を予測して、感情をコントロールする。

 23歳以下の血気盛んな若手へのメンタルケアまで余念がない。現地入りをしてからの約2週間で高温多湿の環境に慣れ、国を代表して戦う状態に仕上げていく。危機管理を徹底する同監督からは、まるで修学旅行のしおりにあるような? “珍”指令が飛び出る。

 手倉森監督 「ブランド品を持っていくな」と話している。俺はあえて持っていってない。こういうときに彼らは意外と良いものを持っていくから。リスクマネジメントね。大事なものをなくして、心を揺さぶられる必要はない。俺は持っていかないと、アイデアとして伝えました。

 初戦となる8月4日の1次リーグ・ナイジェリア戦が、リオ五輪に出場する日本勢全競技の中でも1番手になる。その責任と重圧を同監督自らプラスに変える。「一番最初に大会が始まって、一番最後に帰ってくることができればいい」。充血した目をぎらつかせながら、日本を飛び立った。【栗田成芳】

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

フジテレビで女子代表・冨田真紀子の壮行会 里谷さんが激励、亀山社長から“珍指令”も [その他スポーツ]

2016/07/21 サンスポ
 リオデジャネイロ五輪に出場する7人制ラグビー女子日本代表の冨田真紀子(世田谷レディース)が21日、勤務先のフジテレビが開いた壮行会に出席。「私たちは世界ランキング12位だが、世界の下馬評をひっくり返せる結果を見せたい。決勝があるのは8月8日の『フジテレビの日』。目標はもちろん金メダル」と力強く語った。

 壮行会には同局社員で長野五輪モーグル女子金メダリストの里谷多英さんも出席。ランチを共にするなど交流のある冨田が、フジテレビの長い階段でダッシュして鍛えていることを明かし、「内容を聞いているとレスラーみたいなトレーニングをしている。そういう努力が大舞台では一番自信になるし、冷静さも兼ね備えているので大丈夫だと思う」と激励すると、冨田は「(階段ダッシュは)内緒だったんですけど…」と苦笑い。手に取った里谷さんの金メダルの重みに驚き、「この重いのをかじりたい」と頂点への意欲を高めた。

 冨田に花束を手渡した亀山千広社長は視聴率競争の苦戦を念頭に「フジテレビは最近、勝ち抜く、トップになることを忘れている。社員一同に思い出させてほしい」と自虐的なエールも。一方で里谷さんが長野の金メダルと、ソルトレークシティー五輪の銅メダルを保持していることから「銀でも全然オッケー。金、銀、銅が全部そろうのが社長の悲願」と2位を期待する“珍指令”まで飛び出した。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

虎・原口に「球宴で恥かけ」の珍指令 7年目ブレークも守備にまだ不安 [阪神タイガース]

2016年7月14日 夕刊フジ(ZAKZAK)
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20160714/bbl1607140830005-n1.htm
 阪神は12日・ヤクルト戦(長野)に3-1で勝ち連敗を「3」でストップ。原口文仁捕手(24)がバットで逆転劇の幕を開けた。

 「何とかしたいところで、最後は直球1本に絞って打ちました」

 0-1の8回1死一、二塁。代打に立った7年目の男はその読み通り、相手2番手・平井から中前へ同点打。この一撃で点火した打線は計3点を奪い逆転に成功した。

 金本監督は「先発(メッセンジャー)が7回を1点で抑え、逆転。中継ぎも抑えた。今年初めて強いチームの勝ち方ができた」と笑顔。原口には「(勝利への)重い扉を開けてくれた」とたたえた。

 原口は今季途中で育成枠から支配下登録され、勝負強さを発揮してブレーク。5月は全24試合に出場し、打率・380、プロ初本塁打を含む5本塁打&17打点をあげ育成経験のある野手としては史上初の月間MVPを獲得した。

 それ以降は他球団に研究され苦戦中だが、シーズン序盤の活躍が評価されてオールスター戦に監督推薦で出場する。

 この日の試合前には、球宴でセ・リーグの指揮を執るヤクルト・真中監督にあいさつ。直後の試合で、持ち味の積極的なスイングをさらにアピールした格好だ。

 とはいえ、チームとしてはもの足りなさを感じている。今月に入って先発したのはわずか1試合。守りで不安があるからだ。それだけに球団フロントからは「球宴で恥をかいてこい、存分に勉強してこい」と指令が飛んでいる

 「一流捕手が集まる場で、例えばミットの構え方でも自分の未熟なところを感じてほしい。他球団の投手のルーティンや癖など、普段は見られない部分までチェックできる機会でもある。それをチームにフィードバックすることも大切だ」

 正捕手の座を奪回するためにも、夢の球宴は貴重な舞台になる。 (山戸英州)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -